およそ

この作品は、タイで行われている搾取的な象の観光業に変化をもたらそうと努力する、国際的な動物権利活動家と2人の少数民族出身の象保護施設の責任者の物語です。

Coming Very Soon!

パンデミックは、搾取に満ちた世界に変化をもたらすという彼女の使命を拡大するために、動物の権利活動家を鼓舞します。

まとめ

世界的なロックダウンによりタイの観光産業が崩壊し始めると、

国際的に有名な動物保護活動家であるレック・チャイラート氏は、世界的な観光産業の崩壊により、飢えた象と失業した世話人の救済に乗り出す。20年以上のキャリアを持つ彼女にとって、このような国家的規模の支援は初めての試みだった。

しかし、国が徐々に閉鎖状態から脱するにつれ、レックはこの混乱した時期に、搾取的な象の観光産業の転換を加速させる機会を見出すのです。長年思い描いていた倫理的な未来を実現するために、彼女は努力を重ねる。しかし、事態は彼女が望むほど簡単には運ばない。

一歩、一歩と前進していくうちに、レックは自分の夢を実現するためには、ゾウの観光産業にとどまらず、これまで以上に行動範囲を広げなければならないことを理解し始める。

私たちの物語

経験豊かなジャーナリストとして、私たちは18年間住んでいるタイでユニークなストーリーを伝えたいと長い間願ってきました。日本の急速な経済発展の代償を目の当たりにし、ここチェンマイでも同様の過程を目撃してきた私たちは、このドキュメンタリーが世界が向かっている方向への批評を伝えるものであることを常に意識していたのです。

私たちのチーム

2005年に奥野泰彦がタイ・チェンマイに設立した映像制作会社。日本やタイの放送局、多国籍企業、NGO、日本の自治体など、さまざまなコンテンツを制作している。2021年5月にスタートした「Unspoken Souls」は、同社にとって初の長期ドキュメンタリープロジェクトとなる

アジアゾウ

タイの前近代の歴史を振り返ると、象とタイの人々の関係は数百年以上前にさかのぼります。 輸送、肉体労働、戦争の重要な手段として、またヒンズー教や仏教の儀式においても重要な象は、タイの文化において常に重要な動物でした.