Asian Elephants in Thailand

タイのアジアゾウ

世界には主にアフリカゾウとアジアゾウの2種類がいる。主な2種は大きさや身体的特徴が異なりますが、どちらも数頭から十数頭の群れで生活し、毎日体重の約10%の食事をします。アジアゾウはインド亜大陸と東南アジア、ネパールからボルネオ島にかけて生息しています。

タイにおけるゾウの飼育頭数 

国連によると、1900年代初頭、タイには野生と飼育下を合わせておよそ10万頭のゾウがいた。しかし、チェンマイ大学の調査によると、ここ数年で、その数は6500頭まで減少したと推定されている。

しかしここ数年、チェンマイ大学の研究によると、この数は6500頭から7500頭に減少し、その約半分が飼育下、約半分が野生であると推定されている

国連によると、1900年代初頭、タイには野生と飼育下を合わせておよそ10万頭のゾウがいた。しかし、チェンマイ大学の調査によると、ここ数年で、その数は6500頭まで減少したと推定されている。

しかしここ数年、チェンマイ大学の研究によると、この数は6500頭から7500頭に減少し、その約半分が飼育下、約半分が野生であると推定されている

国連によると、1900年代初頭、タイには野生と飼育下を合わせておよそ10万頭のゾウがいた。しかし、チェンマイ大学の調査によると、ここ数年で、その数は6500頭まで減少したと推定されている。

しかしここ数年、チェンマイ大学の研究によると、この数は6500頭から7500頭に減少し、その約半分が飼育下、約半分が野生であると推定されている

(注:正確な数は常に変化している)(出典)。現在、国際自然保護連合はアジアゾウを絶滅危惧種とみなしているため、国内の野生ゾウは国内法によって保護されている。しかし、1939年以来、法的に家畜とみなされてきた飼育下のゾウについては、話はもっと複雑になる。

タイにおける飼育ゾウの歴史 

タイの近代以前の歴史を振り返ってみると、ゾウとタイ人との関係は数百年以上にも遡る。移動手段、肉体労働、戦争、そしてヒンドゥー教や仏教の儀式の重要な役割を担い、ゾウは常にタイの文化にとって重要な動物でした。

19世紀後半になると、欧米の植民地勢力はタイ、特に北部地域にチーク材を求めてきた。これは、西欧列強が世界の海軍覇権を維持するために船を建造するための重要な資材であった(出典)。しかし、タイの伐採地域における1つの問題は、山岳地帯が多いため、西欧企業が丸太を運ぶのに重機を使えないことだった。その結果、彼らはタイで飼育されているゾウと、ゾウと歴史的に特別な関係にある少数民族に目を向けた(出典)。

タイの近代以前の歴史を振り返ってみると、ゾウとタイ人との関係は数百年以上にも遡る。移動手段、肉体労働、戦争、そしてヒンドゥー教や仏教の儀式の重要な役割を担い、ゾウは常にタイの文化にとって重要な動物でした。

19世紀後半になると、欧米の植民地勢力はタイ、特に北部地域にチーク材を求めてきた。これは、西欧列強が世界の海軍覇権を維持するために船を建造するための重要な資材であった(出典)。しかし、タイの伐採地域における1つの問題は、山岳地帯が多いため、西欧企業が丸太を運ぶのに重機を使えないことだった。その結果、彼らはタイで飼育されているゾウと、ゾウと歴史的に特別な関係にある少数民族に目を向けた(出典)。

大きく、強く、知性的な象と、その象使い(象の調教師、世話係、しばしば飼い主)は、昔も今も少数民族が大部分を占め、西欧企業や新興の伐採産業にとって必要不可欠なものであった。しかし、危険で過酷な労働条件のために、多くの象と象使いがこの仕事で命を落とし搾取されてきた。

悲劇は、飼育されていたゾウが森林伐採や生息地の破壊に利用されたことだ。森林伐採が進みすぎ、大洪水が発生し、多くの命が失われてようやく1989年にタイで森林伐採が禁止された。伐採産業で飼育されていた多くのゾウとそのマフートが突然失業することになった。

大きく、強く、知性的な象と、その象使い(象の調教師、世話係、しばしば飼い主)は、昔も今も少数民族が大部分を占め、西欧企業や新興の伐採産業にとって必要不可欠なものであった。しかし、危険で過酷な労働条件のために、多くの象と象使いがこの仕事で命を落とし搾取されてきた。

悲劇は、飼育されていたゾウが森林伐採や生息地の破壊に利用されたことだ。森林伐採が進みすぎ、大洪水が発生し、多くの命が失われてようやく1989年にタイで森林伐採が禁止された。伐採産業で飼育されていた多くのゾウとそのマフートが突然失業することになった。

タイの観光産業への進出 

伐採産業が没落した後、多くの飼育ゾウと象使いは新たに成長した観光産業に従事した。重い丸太を引く代わりに、飼育されているゾウはサーカスショーを行ったり、観光客を背負って山道を歩いたりするようになった。

タイがより魅力的な観光地になるにつれ、こうした象のサーカス・ショーや象乗りを主催するエレファント・キャンプの数は、1995年の20から2017年には約250にまで増加した(出典)。エレファント・ツーリズム産業が、タイ観光の中でも儲かる目玉産業に成長していった。

しかしここ数年、この業界には徐々に変化が起きている。ゾウのエンターテイメントや象乗りキャンプは徐々にビジネスモデルを変えつつあり、飼育されているゾウはサーカスのショーや象乗りをすることなく、より倫理的な生活を送ることができるように改善が見られるようになった。

パンデミック時とその後の象の観光産業

2020年3月、タイが国境を閉鎖し、国家的なCovid-19ロックダウンを課したとき、国の観光産業は崩壊した。象の観光事業は、観光客からの収入を得られず、財政危機に直面した。

その結果、何千頭ものゾウが栄養失調に陥り、病気にもかかりやすくなり、治療もままならない厳しい状況になった(出典)。同時に、象使い(象の世話をする人)は突然収入が減り、さらに悪いことに解雇されることになった。

国境封鎖がいつまで続くかわからないため、多くのマフートとその象たちは故郷に戻り、中には何百キロも歩いて戻った者もいた(出典)。(注:タイの象観光産業では、象は必ずしも企業が所有しているわけではなく、人里離れた山間部のコミュニティから来ることが多いオーナー象使いから借りている)。

観光業が干ばつに見舞われている間、レック・チャイラートとセーブ・ザ・エレファント・ファウンデーションの彼女のチームは、ゾウとマフートを支援するために重要な役割を果たした。パンデミックの最初の年だけで、海外からの寄付者の支援により、財団は1899頭以上の飼育ゾウと1601人のマフートの財政的な支援をした。

パンデミックから抜け出し、観光が再開されたタイの象観光産業は、以前のようにはいかないようだ。多くの象キャンプは閉鎖され、生き残った象キャンプ場はより動物に優しいエシカルなモデルを採用したり、採用されつつある。一方、象使いは過酷な労働条件と低賃金のため、象を連れて象キャンプに戻ることを拒否している人も多い。 

ご注意ください :

このページの目的は、タイで飼育されているアジアゾウについての簡単な事実の要約を提供することだけです。動物虐待の倫理、ゾウ・ツーリズムの形態、そしてこの産業全般に関する問題は、複雑な文化的背景、歴史的背景、社会経済的なニュアンスを持っています。従って、このような問題については、関心のある読者がご自身で調査し考えてもらえればと思っています。

参照元